こころとからだのらくちん研究所たちあおい

フラワーエッセンス オステオパシー ソマティックエクスペリエンス たちあおいの活動状況について綴ってます

facebook メッセンジャー カウンセリング

フラワーエッセンス付きの

facebookメッセンジャーを用いた

カウンセリングのご紹介です。

 

メッセンジャーを使ってお話を伺い、

あなたの状態に合った

フラワーエッセンスを調合して

郵送いたします。

 

1か月のサポート付き¥8000

サポートなし  ¥4000

 

1か月のサポート付きのメニューは

クライアント様の状態に合わせて、

日々をらくちんにするための

簡単なエクササイズや

心の使い方のコツをお伝えするものです。

はじめてエッセンスを飲用される方、

ハードな日常を送られていて、

多くのサポートを必要とされている方に

お勧めします。

サポートなしのメニューのほうもでも、

ご質問にはお答えしますし、

エッセンスを使ってみて心に起きた変化を

お伝えいただくことは大歓迎です。

 

対面セッション

メールカウンセリングも受け付けています。

 

お申込みはこちらから

セッションお申込み・お問い合わせ

 

 

皮膚疾患とフラワーエッセンス

最初にまず、フラワーエッセンスは

お薬ではないので皮膚疾患そのものを

癒すものではありません。

創始者のバッチ博士は

治してたかもしれませんが!)

それでも、皮膚疾患は

その人の感情の状態や生活習慣が

関わっているのでそのパターンを

変えることの助けになります。

また辛い痛みやかゆみが長い期間続くと

気持ちも沈みがちになりますし、

見た目が気になって

憂うつになることもあるでしょう。

そういった感情の不調和を癒す助けにも

おススメです。

 

対応するエッセンスとしては

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス

※ビリーゴウトプラム

肉体に関する自己嫌悪全般に使用できます。たとえば発疹、湿疹、アトピー、乾癬やにきび、大きな鼻などを毛嫌いしたり、自分の体が不潔だと感じている場合に使うことができます

 

長く続く不調には

※マクロカーパ

このエッセンスは情熱を取り戻し、忍耐力、内なる強さを呼び覚ましてくれます。また、エネルギーが流出し、疲れきったときに活力を与えてくれます。回復期にあるときにも有効です。

※スピニフェックス

病気に苛まれるような、もしくは病気に対してどうすることもできないと感じている人のためのエッセンスです。特にしつこく再発する病気や症状に悩まされている人に効果的です。

 

 

対面セッションではお体の状態を見て、

免疫系のサポート

自律神経系のサポートとなるような

オステオパシーの手技療法と組み合わせて

提供しています。

メールカウンセリングでもご相談を受け付けています。

 

 

tachiaoi888.hatenablog.com

 

夏バテ対策用エッセンスモニター募集中です

tachiaoi888.hatenablog.com

夏バテ対策 フラワーエッセンスモニター募集

関東地方では6月中に梅雨明け宣言が発表され、

今年の夏は長くなりそうです。

長い夏を快適に乗り切るためのフラワーエッセンスの

ブレンドボトルを作成してみました。

モニター参加者を募集します。

1本約3週間~1か月分を¥2500円でお送りします。

お申込みはこちらから。

 

夏バテ対策モニターお申込み

甘いものを食べ過ぎる人のためのエッセンス オロバンケ

コルテPHIのフラワーエッセンス オロバンケ

f:id:tachiaoi888:20180606224412j:plain

 

過度に糖類に依存してしまう心理的状態に

働きかけます。
そして内なる愛を感じる助けとなり、

自尊心を再び取り戻し、強化することを助けます。
長期的に摂取することで、

糖類への依存を軽減させてくれます。

 

 

オロバンケはアフリカでみられる寄生植物。

穀物の根に寄生し養分を吸い取ります。

農作物に被害を与える病害雑草なんだそうです。

そのオロバンケの振る舞いが

エッセンスの形をとると

そのままそういう状態の人の助けになるわけですね。

健全な食生活のバランス(=農作物)を

崩してしまう糖質依存の状態。

そんな状態の人のハートは

欠乏感を抱えていて、愛情不足になっているのかも。

ハートに甘さをもたらし、グラウンディングを強化することで

食生活に安定をもたらします。

 

食生活の改善は、制限しよう、と思ってもうまく行きません。

ハートが甘さで満たされていれば

お口に過剰に甘さを詰め込む必要はなくなります。

生活全般のストレスを軽くすることがコツです。

 

セッションでご相談をお受けしています。

tachiaoi888.hatenablog.com

 

 

 

 

 

花に祈りを乗せて

古代から人は花を特別なものとして扱ってきました。

神様への捧げものとして

お祝いの気持ちを込めて

愛する人への気持ちの表現として

死者への手向けとして

 

祈りを伝えるメッセンジャーとして

扱われてきました。

 

生き物としての花は

虫や鳥や他の様々な動物との

コミュニケーションのゲートでもあります。

 

フラワーエッセンスは

お水の入ったガラスの器に

浮かべられた花に

太陽の光を当て

そのエネルギーを水に転写して

作られたものです。

 

花が自ら人の役に立つことを選び

フラワーエッセンスの形をとってくれました。

そして、エッセンスは

人から人へ手渡されることで

その力を発揮します。

 

感情の不調和に悩む人に

その調和を祈る人から手渡されたエッセンスは

 

その人の内なる調和へ

人と人との関係性の調和へ

人と環境の調和へ

 

働き作用し変容を促していきます。

 

 

 

 

tachiaoi888.hatenablog.com

 

 

 

過去ではなく、今と未来を

過去にどんな経験をしていたにしても、

いま、この瞬間から

思考と行動は選ぶことができます。

 

誰かのせいで

何かのせいで、いま、

「この状態」なのだと

感じていたのだとしても

いま、この瞬間から

違うやり方を選ぶことができます。

 

それが難しいと感じるのなら、

ほんの少しで構わない

違う環境

違う人間関係を

選んでください。

 

いつもと違うルートを歩く

違うお店に入ってみる

顔見知りの人に

もう一歩踏み込んで

話しかけてみる

そんなことでかまわないと思うのです。

 

少しだけ変化を取り入れてください。

 

小さな変化が

あなたをいつもと違う場所に連れていきます。

 

 

フラワーエッセンスが花から作られる理由

f:id:tachiaoi888:20180530001927j:plain

不忍池の蓮。

植物には「栄養成長」と「生殖成長」と言う
二つの成長の段階があります。
「栄養成長」は根や茎、葉を伸ばすこと。
「生殖成長」は次世代に種を残していくこと。
種から芽を出した植物は根を張り茎をのばし、
やがて花を咲かせる。
受粉をしたあとやがて花は枯れ、種を結び、
その種は土に落ちてまた命はめぐる。
 
フラワーエッセンスが花から作られるのは
栄養成長のピークであり、
生殖成長への切り替わりでもある、
その瞬間を花が体現しているから。
そこからつくられるエッセンスは
人の栄養成長と生殖成長のサポートになる。
 
人の栄養成長。
それは 体の健康を保つこと、心の不調和に
バランスをもたらすこと。
生きていくために必要な経済活動も含まれます。
 
人の生殖成長。
それは、恋愛、結婚、妊娠、出産。
加えて、人の場合は直接的な種の保存に限りません。
生み出すのは子供じゃなくても
アートとして新しいものを生み出すこと、
クリエイティブな表現をすることも含まれます。
そして、何かを教えたり、教わったりすること。
何かの役にたっている、という感覚。
生きているという喜びを共有すること。

人生に変化をもたらしたい方へ。
フラワーエッセンスを使ったセッションを提供しています。

詳細はこちら。

 

tachiaoi888.hatenablog.com